100年の恋に味出る入れ歯かな







 ★ 瘋癲老仁妄詩 7405

――☆★☆―――――――――――――――☆★☆――

100年の恋に味出る入れ歯かな

――☆★☆―――――――――――――――☆★☆――



 はじめて、川柳を作ってみました。
 これは、ちょっと、おもしろい苦になったと、
 自賛しているんですよ。



★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★


老仁が、何か、加齢を晒すと、
 
 「10年の恋も冷めた」と、真呼が、口癖のようにいいます。

 そうでしょうね、30年も、40年も連れ添っていれば、
 それだけでも、もう、恋のワクワクは冷めているでしょうに・・・


 そして、もう、遠慮も要らず、
 言いたいことをいい、
 したいことを、
 お互いにしているんですよね。


 けれど、だからこそ、
 100年も恋をしているなんてことはありえないとしても、
 30年も、40年も、連れ添っていれば、

 入れ歯の話をし合っても、
 さまざまな思いの重なりが織りなす
 微妙な香りが感じ取れるようになって、

 ひと味違った恋を始め直すことができるかもしれませんね・・・


 そんな一日一生の時が過ごせると
 HAPPYでしょうけれど・・・





〇-----*****************************************-----〇

★★★ 『 夏の夜の夢や愛呼を抱いてをる 』瘋癲老仁妄詩 0802
♪♪♪  

★★★ 『 ジェラシーもハイビスカスも愛の花 』瘋癲老仁妄詩 0803
♪♪♪  

★★★  『 再びの船出を 』
★★★   

〇-----*****************************************-----〇
[PR]

by ryoko23j | 2007-10-13 23:15 | 瘋癲老仁妄詩 俳句  

<< 十年後吾は在らざり十年を畳み重... 忍ぶ恋明日を知らずいわし雲 >>