タグ:川柳 ( 2 ) タグの人気記事

 

『 独り身は心も軽い捨てられぬ 』川柳で交心tq2902


★ 。・。・゜♪゜・。・。★ 川柳で交心 ★ 。・。・゜♪゜・。・。★





★ 川柳で交心tq2901『 独り身は心も軽い捨てられぬ 』

――♪☆★♪―――――――――――――♪★☆♪――

       独り身は心も軽い捨てられぬ

――♪☆★♪―――――――――――――♪★☆♪――





 > ひとりでもさみしくないと すねて見せ   酒人


 独り身は心も軽い捨てられぬ   旅仁



 独り身じゃありませんけれど、やっと心も軽くなってきたように感じます。
 心が軽いから言葉あそびに熱中できるし、三昧できるのでしょうね。嗤われれば嗤われるほど心が軽くなっていきます。
 今まで「川柳」はまだ言葉あそびの仲間に入れませんでした。ぼくはジャンル構わず言葉あそびにして楽しんでいるのですけれど、「川柳」だけはなぜか「諷刺の精神」という言葉の呪縛があって、ハイレベルの精神でなければ詠めないと変に尻込みしていたんです。
 ぼくを575に誘い込んだ先輩師匠が川柳の師匠にもなってぼくを誘い込みましたがずっと固辞してきました。
 何かびしっと決めなければならんという縛りがあるんです。
 それは俳句でも詩でも同じなのでしょうけれど、言葉あそびの面白さだけで誤魔化せるところがあるようで、ごまかしを楽しんで遊んでいました。
 都々逸に挑戦した時も「川柳」と同じ縛りを感じましたけれど、艶世界への好奇心全開と巡り会った師匠さんが艶世界へ楽しく誘い込んでくださったので、作法も骨法もつかめないまんま七七七五の文字数合わせだけの都々逸擬きあそびを楽しんでいます。



 都々逸の時の楽しみいっぱいモードで今「川柳」にもジャンルなしの言葉あそびとして軽い遊び心で楽しませてもらおうと思いはじめています。
 酒人さんとの巡り逢いに感謝します。
 身勝手ながら、川柳に誘い込んでくださったお師匠さんと思わせてください。
 ぼくは真似事でしか言葉あそびできませんので、真似させてくれるお師匠さんが必要なんです。
 真似一休さん、真似良寛さんを言葉あそびしていますが、一休さんも良寛さんももう古人なので入門お許し貰わなくてもなりすましお弟子さんになれますけれど、現実世界では、お弟子さんにして貰うにはそれ相当の能力が前提でしょうし、約束事を守らなければならないのでしょうけれど、・・・

 都々逸のお師匠さんには身勝手ななりすましお弟子さんを笑ってご寛容貰っています。とても幸運な巡り逢いです。



 鄙隠り老仁でありながら、カナダ在住の心豊かな花見酒さんと巡り会えた幸運にもほんとうに感謝しています。
 この幸運に甘えて、川柳も言葉あそびとして楽しめるように門口を広げてくださった花見酒さんのなりすましお弟子さんにしてもらいたいと念じています。
 なりすましお弟子さんですから、ぼくが勝手にそう思うことをご寛容いただけるとHappyです。
 酒人さんにご迷惑はおかけしないように心掛けていきますので、ご了解いただけませんでしょうか。

 ご一考よろしくお願いします。



 > 美人でも隙が無いので まだひとり   酒人


 もてもてで隙間だらけも まだひとり   旅仁





☆☆☆ 酒人さんの『 締切目前ひとり川柳 』 への真似事川柳交心です。 ★★★真似事川柳
♭♭♭ 



 > 朱美ちゃん3号欲しい 長い夜   酒人



 夜明けまでせめて三度は真似川柳   旅仁



 老骨に鞭打って、かろうじて三句まで真似川柳遊ばせてもらいました。
 力んで絞り出して、脳溢血寸前です。
 熱中恍惚の絶頂で逝けたら最高でしょうけれど・・・


 笑って、ご寛容ください。





★ 。・。・゜♪゜・。・。★ 青柳仁リンク ★ 。・。・゜♪゜・。・。★




★★★ TAO交心tq2101『 念じればエロス回帰よ酔芙蓉 』 へどうぞ!!! ★★★
 



★★★ めぐり逢い良寛さん003-01『 杜鵑ついに幻の恋となる 』zbv2201tq21 へどうぞ!!! ★★★
 




★ 。・。・゜♪゜・。・。★ そのまんま575で交心 ★ 。・。・゜♪゜・。・。★
[PR]

by ryoko23j | 2014-09-29 15:25  

100年の恋に味出る入れ歯かな







 ★ 瘋癲老仁妄詩 7405

――☆★☆―――――――――――――――☆★☆――

100年の恋に味出る入れ歯かな

――☆★☆―――――――――――――――☆★☆――



 はじめて、川柳を作ってみました。
 これは、ちょっと、おもしろい苦になったと、
 自賛しているんですよ。



★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★


老仁が、何か、加齢を晒すと、
 
 「10年の恋も冷めた」と、真呼が、口癖のようにいいます。

 そうでしょうね、30年も、40年も連れ添っていれば、
 それだけでも、もう、恋のワクワクは冷めているでしょうに・・・


 そして、もう、遠慮も要らず、
 言いたいことをいい、
 したいことを、
 お互いにしているんですよね。


 けれど、だからこそ、
 100年も恋をしているなんてことはありえないとしても、
 30年も、40年も、連れ添っていれば、

 入れ歯の話をし合っても、
 さまざまな思いの重なりが織りなす
 微妙な香りが感じ取れるようになって、

 ひと味違った恋を始め直すことができるかもしれませんね・・・


 そんな一日一生の時が過ごせると
 HAPPYでしょうけれど・・・





〇-----*****************************************-----〇

★★★ 『 夏の夜の夢や愛呼を抱いてをる 』瘋癲老仁妄詩 0802
♪♪♪  

★★★ 『 ジェラシーもハイビスカスも愛の花 』瘋癲老仁妄詩 0803
♪♪♪  

★★★  『 再びの船出を 』
★★★   

〇-----*****************************************-----〇
[PR]

by ryoko23j | 2007-10-13 23:15 | 瘋癲老仁妄詩 俳句