タグ:居場所 ( 1 ) タグの人気記事

 

『 花木槿憂き身も軽く運ばるゝ 』あそび心575交心sq0715

★ 。・。・゜♪゜・。・。★ あそび心575交心 ★ 。・。・゜♪゜・。・。★




e0017651_632182.jpg






★ あそび心575交心sq0715

――♪♪♪♪―――――――――――――♪♪♪♪――

花木槿憂き身も軽く運ばるゝ

――♪♪♪♪―――――――――――――♪♪♪♪――





 神の摂理とは、また、重宝な言葉ですね。
 そう思えば受容しやすくなる。

 そして、ひとのわがままを笑って眺めることができるのは、己の菩薩心、方便です。それを笑える位置に、自分は、居れるんですよ。
 その自分の居場所を、確り、見失わなければいい。


 ひとと世間と時の流れの中で、自分は生きていますけれど、流れを巧く流れるには、自分独り乗りの船を持つことです。
 流れが人の船ですから、その中で、空に浮くことのできる自分の船を持つんです。そこが自分の居場所です。
 人は自在になれば、そんな居場所もちゃんと創りだすことができるんですよ。

 初めは、仮の居場所だっていいんですよ。
 そのうち、だんだん、ほんとうに居心地のいい居場所になっていくんです。



 念じれば地獄に仏草の露   旅仁


 人は流れて人に為りゆく



 自分の居場所を確りと持つことができると、人の船の中で、流れても、そこであるがままに自分を解き放つことができるんですよ。
 小さいまんまの自分を生きることができるんですよ。
 泣きたい時は泣き、怒りたい時は怒れば好いんです。良い子ちゃんに縛られなくて好いんですよ。
 人に嫌われても、自分の居場所に戻ると、ちゃんとあんたらしく振る舞えたじゃないのと、もう一人の自分に賞めてもらえますよ。



 自分が自分の主人公です。
 そのもう一人の自分、主人公が自分の守護者です。その守護者の主人公が乗っている船が、実は、自分の居場所なんです。
 そんなもう一人の自分に早く気づくことが大切だと念っています。



 > 本来の面目坊が立ち姿ひと目見しより恋とこそなれ   一休



 ぼくの道標の言葉で、まことの恋の初心です。
 自分の中の面目坊さんに巡り会えれば、それからが、自遊な自然体人生のはじまりでしょう。そんなめぐり逢いの恋を、ぼくは言葉あそびの中で恋弥勒と呼んでいます。

 自分の中の恋弥勒さんが観えてくると、人の中の恋弥勒さんも観えてきますよ。
 恋弥勒さんはシンクロし合うんです。
 言葉を超えた交心というのがあるんですよ。



 念えまこと新の心に花木槿   旅仁


 和み寛ぐ故郷の灯し



 花木槿憂き身も軽く運ばるゝ   旅仁


 天に任せてふたりであそべ





★ 。・。・゜♪゜・。・。★ 青柳仁リンク ★ 。・。・゜♪゜・。・。★




★★★ めぐり逢い良寛さんzr0401『 大空を音符で満たせ蝉の声 』sr04 へどうぞ!!! ★★★



★★★ めぐり逢い良寛さんzv2601『 夏の庭命浄土の絵巻物 』sv24 へどうぞ!!! ★★★


★★★ TAO575交心st2209『 魅せられて空の花咲け蛍の夜 』 へどうぞ!!! ★★★




★ 。・。・゜♪゜・。・。★ そのまんま575で交心 ★ 。・。・゜♪゜・。・。★
[PR]

by ryoko23j | 2015-09-08 06:32 | あそび心