タグ:写真俳句 ( 22 ) タグの人気記事

 

フォト575『 笑われて笑われて愛酔芙蓉 』zdp1401tm1002

★ 。・。・゜♪゜・。・。★ 愛俳句 ★ 。・。・゜♪゜・。・。★




e0017651_2143531.jpg







★ 愛俳句zdp1401tm1002

――★♪♪★―――――――――――――★♪♪★――

笑われて笑われて愛酔芙蓉

――★♪♪★―――――――――――――★♪♪★――








★ パチンと、 ランキングにご協力くださいね。

にほんブログ村 ポエムブログ 俳句へ
にほんブログ村

★ ありがとうございます。









★★★ 再録愛俳句zdp1401『 笑われて笑われて愛酔芙蓉 』tm1002 へどうぞ!!! ★★★
 





★ 。・。・゜♪゜・。・。★ 青柳仁リンク ★ 。・。・゜♪゜・。・。★
[PR]

by ryoko23j | 2014-11-10 21:34 | 写真俳句  

フォト575zr0504『 地を出せば人遠くなる蝉しぐれ 』tr2102


★ 。・。・゜♪゜・。・。★ 再録写真俳句 ★ 。・。・゜♪゜・。・。★


e0017651_14163075.jpg



★ 再録写真俳句zr0504tr2102

――★♪♪★―――――――――――――★♪♪★――

地を出せば人遠くなる蝉しぐれ

――★♪♪★―――――――――――――★♪♪★――





ランキングにご協力くださいね。

にほんブログ村 ポエムブログ 写真俳句へ
にほんブログ村

ご協力ありがとうございます。






★ 。・。・゜♪゜・。・。★ 青柳仁リンク ★ 。・。・゜♪゜・。・。★
[PR]

by ryoko23j | 2014-08-21 14:19 | 写真俳句  

フォト575『 佐渡に入る夏の夕陽を眺めたし 』


★ 。・。・゜♪゜・。・。★ 優游575交心 ★ 。・。・゜♪゜・。・。★


e0017651_14485392.jpg



★ 優游575交心v13t060905

――♪♪♪♪―――――――――――――♪♪♪♪――

佐渡に入る夏の夕陽を眺めたし

――♪♪♪♪―――――――――――――♪♪♪♪――






★★★ 優游575交心v13t060905『 佐渡に入る夏の夕陽を眺めたし 』 へどうぞ!!! ★★★
 





★ 。・。・゜♪゜・。・。★ そのまんま575で交心 ★ 。・。・゜♪゜・。・。★
[PR]

by ryoko23j | 2013-07-19 14:54 | 写真俳句  

優游575交心『 好奇心斜に構えし蓮の花 』



★ 。・。・゜♪゜・。・。★ 優游575交心 ★ 。・。・゜♪゜・。・。★


e0017651_17555449.jpg



★ 優游575交心v13s071406

――♪♪♪♪―――――――――――――♪♪♪♪――

好奇心斜に構えし蓮の花

――♪♪♪♪―――――――――――――♪♪♪♪――






 > おのが身の闇より吼えて夜半の秋   蕪村


 命の情の寄る辺探して   仁



 アンニュイ籠もり蕪村さんが吼えている闇というのはどんな闇だったのでしょうね。幕末に入っていく時代の閉塞状況が無能無力の倦怠の中で出口を求めて噴出しようとする情念の花が虚空の咆吼だったのかもしれません。島国日本の近海には植民地分捕り合戦に入った西欧列強の軍艦が迫ってきていたのです。
 巷間には啓蒙派の警告の書が出回りはじめていたのでした。


 好奇心斜に構えし蓮の花   仁


 蓮に溺れりゃ浮き身も沈む


 太平の中の財政破綻と生活困窮者の急増そして開港への情勢は今の日本の閉塞的な危機状況とそっくりなのかもしれません。もちろん現代ほど虚無的で退廃的ではありませんけれど・・・悩んでも、苦しんでも、素朴で、健康的で、人間的な感じがしますよね。
 それに対して今世の例えば東電の原発事故への対応やお役所の災害復興資金の流用などを見ていると、これでも人間の心が残っているのかしらと疑ってしまいます。立身出世街道の行き着く所は非人間性の証明書を見せて関所を通過しなければならないのでしょうね・・・国民も亦浮かれ音頭に踊らされて放射能の怖さも忘れてしまっているようです。


 ぶら下がる人参罷り通る夏   仁


 演説の声炎天に消ゆ


 不条理を超え炎天に命かな   仁


 小さきものの小さき歓喜





★ 優游575交心v13s070703

――♪♪♪♪―――――――――――――♪♪♪♪――

MAKE LOVE 書いて七夕 飾りけん

――♪♪♪♪―――――――――――――♪♪♪♪――






 > 七夕の叶わぬ願ひ多きこと   遊呼


 少欲なれば満たさるものを   仁


 遊呼さん、いつもあい風交心ありがとうございます。
 いつまでも少女のように、習いに添って心をときめかせる心は、失いたくないものですね。少女のまんまの心が抒情を詠いつづける思いの熱さを大切にしてくださいね。

 凡愚老仁は今真似蕪村さんに填り込んだばかりで、鄙ごもりの平安を呼吸しています。若い頃から鬱こもりに耽っていましたから、すぐ馴染んでしまいます。普通のマイナーな小市民のちょっと気だるいたゆたいが居心地好いんですよ。


 朝歩き白雨に逢って濡れるまま   仁


 借る屋根もなきちっご路の畦


 夢のない話ですけれど、七夕伝説は為政者の搾取の戒律だったんじゃないかと思っています。生かさず、殺さずの倹約令でしょう。68年、パリは燃えているか。世界の青年たちがこの搾取体制に異議申し立てをしました。
 NO WAR 、 MAKE LOVE 。
 ベトナム戦争に反対して路上で愛し合い、軍需物資の移送を阻止しました。ダイ・インして軍需列車を止めました。
 愛は国をも滅ぼす力を持っています。
 織女は機を織り続ければいいのです。牽牛は農作業に没頭すればいいのです。
 年に一度会って、子どもを産めばいいのです。
 今朝、阿部さんが、非正規雇用はいいですよ。転勤もなく、社訓に縛られなくてもいい、というようなことを言っていました。労働者は低賃金の方がいいんです。
 そんな権力支配者たちが法律を我が物顔に作りだしてきた世紀でした。
 21世紀は、やっと人権の世紀だと国連が提唱したのですけれどね・・・
 還境の世紀、平和の世紀、人権の世紀。人類の三大悲願です。

 
 MAKE LOVE 書いて七夕 飾りけん   仁


 週休二日も牽牛にやれ


 と吼えたところで、鄙の非行動の隠り老仁です。
 蕪村さんの時代も元禄の繁栄と文化を経て、財政難の時代に突入します。宝暦の一揆では久留米藩でも41名の首謀者の処刑があっています。あまりの惨さに後ろを向いてしまったという七体の見返り地蔵さんが今でも、刑場跡に、祭られています。
 蕪村さんも無力を嘆いたことでしょうね。そして蕉風を継承しながら、籠もりの憂愁を三昧することに終始しました。


 ひとは知らず愚の愚を遊ぶ梅雨籠もり   仁


 手を合わせ過ぐ見返り地蔵





★ 。・。・゜♪゜・。・。★ 青柳仁リンク ★ 。・。・゜♪゜・。・。★



★★★ 都々逸で交心v13s071402『 抱かるる念いこの切なさを 閻魔さんなら燃やせるか 』 へどうぞ!!! ★★★
 


★★★ TAO交心w13s070606『 緑陰をなんとはなしに歩きおる 』 へどうぞ!!! ★★★
 



★ 。・。・゜♪゜・。・。★ そのまんま575で交心 ★ 。・。・゜♪゜・。・。★
[PR]

by ryoko23j | 2013-07-15 17:58 | そのまんま575で交心  

筑紫路を歩くv13x030701『 おぼろ月自然がカミの世を偲ぶ 』


★ 。・。・゜♪゜・。・。★ 筑紫路を歩く ★ 。・。・゜♪゜・。・。★


e0017651_2295920.jpg



★ 筑紫路を歩くv13x030701

――♪♪♪♪―――――――――――――♪♪♪♪――

おぼろ月自然がカミの世を偲ぶ

――♪♪♪♪―――――――――――――♪♪♪♪――






★★★ 筑紫路を歩くv13x030701『 おぼろ月自然がカミの世を偲ぶ 』 へどうぞ!!! ★★★






★ 。・。・゜♪゜・。・。★ 青柳仁リンク ★ 。・。・゜♪゜・。・。★



★★★ 言葉あそび575交心v13y021001『 字よ踊れ凍る心も躍るよう 』 へどうぞ!!! ★★★
 


★★★ 都々逸で交心v13y020303『 恋の願いの天馬の如く失落園を駈け回る 』 へどうぞ!!! ★★★
 



★ 。・。・゜♪゜・。・。★ そのまんま575で交心 ★ 。・。・゜♪゜・。・。★
[PR]

by ryoko23j | 2013-03-08 22:11 | 筑紫路を歩く  

フォト575『 初夢に念えど神女現れず 』

★ 。・。・゜♪゜・。・。★ 言葉あそび575交心 ★ 。・。・゜♪゜・。・。★




e0017651_037444.jpg






★ 言葉あそび575交心v13z012404

――★♪♪★―――――――――――――★♪♪★――

初夢に念えど神女現れず

――★♪♪★―――――――――――――★♪♪★――






★★★ 都々逸で交心v13z012402『 果ても見えずに積もる雪路は恋しさゆえのいばら道 』 へどうぞ!!! ★★★
 










★ 。・。・゜♪゜・。・。★ 青柳仁リンク ★ 。・。・゜♪゜・。・。★




★★★ 徒然575交心v13z011701『 月下香妖しき品に傾きぬ 』 へどうぞ!!! ★★★
 


★★★ 言葉遊び575交心v13z010805『 媚女の舞う夢か現か日向ぼこ 』 へどうぞ!!! ★★★
 



★ 。・。・゜♪゜・。・。★ そのまんま575で交心 ★ 。・。・゜♪゜・。・。★
[PR]

by ryoko23j | 2013-01-25 00:39 | そのまんま575で交心  

冬うらら鳩に菩薩の映りけり




★ 交心俳句23804

――☆★☆―――――――――――――――☆★☆――

冬うらら鳩に菩薩の映りけり

――☆★☆―――――――――――――――☆★☆――




 花呼さん、おはようございます。
 自転車を乗り回していたモノクロ写真を覚えていらっしゃるんですね。といわれても思い出せませんけれど、・・・本質的に仁は鬱で、内面に閉鎖していたんです。どんなこともうつろに過ぎていくことが多く、楽しいこと、すばらしいことほど消えてしまうんです。喜んだり、幸せになることが、罪であるような意識に呪縛されていたんですね。今でも、本質的には、変わっていないようです。「生まれてきてすみません」意識が深遠を占拠したままなんですよ。外見は、もうずいぶん楽天仁に見えるようですけれどね。
 こんな度し難い鬱仁を、青臭会のみんなはよく受け容れてくれていると、ただただ、感謝です。何一つお返しできないのがつらいですけれど・・・

 それでも、残る余生は、できるだけ楽天仁でHappy、Happy、生きていこうと思っています。やっと、明後日を見ないで、今とここを、大事に、活きることができそうな気がしています。プランター菜園が、本気で、Happyなんですよ。
 プランターのイチゴが、二つ目の花をつけてくれました。Happyです。

 無知仁は、本当に何にも知らないままでした。
 渡りのことなどほとんど知りません。鳥の名前をまず知らない。知っているのは雀や烏。けれどその生態について何にも知りません。ボランティアさんのお話を聞きながら、感動します。4年間ウオッチングしつづけて、飽くことを知らない。その喜びを、ボランティアで、人に分かっていく。すごいですね。その人の笑顔が輝いています。

 これが、一番Happyなことなんだ、そう教えてもらいました。
 来年は、鷹の柱を見に行くつもりです。

 喜びも、幸せも、足下に、どこにでも、転がっているんですね。
 当たり前のことに気づくのに、今まで、かかったんです。
 昔のままの、何にもない、青臭会のありようが、すごい価値あるものに思えます。
 ありがたいことです。


 これをつづけられてきたのは、彼のおかげです。
 中身を問わず、ただただ、関係を大事に守りつづけていく心が、青臭会を、異時空みたいな安らぎの場にしてくれたのでしょう。そこに、何も求めないことの大切さを教えてもらってきました。
 菩薩の心と一緒にあるようです。

e0017651_1515662.jpg
 鳩に豆をやって遊んでいる姿をお見せしたかったですね。
 きっと自転車に乗って喜んでいる姿も同じなのでしょうね。

 常不軽菩薩さんというのがいらっしゃることを知りました。
 良寛さんが道しるべにした菩薩さんだといいます。
 鳩と無心に遊んでいる彼に常不軽菩薩さんが見えてくるようでした。





★★★ 『 冬夕焼け記憶の消えし学舎歩く 』 ★ 交心俳句23801 へどうぞ!!! ♪♪♪






★ 。・。・゜♪゜・。・。★ 交心俳句 ★ 。・。・゜♪゜・。・。★
[PR]

by ryoko23j | 2009-02-10 15:16 | 日記  

この思いしっかり絡んで離さない







e0017651_15114395.jpg


 ★ 一行詩 01401

――☆★☆―――――――――――――――☆★☆――

この思いしっかり絡んで離さない

――☆★☆―――――――――――――――☆★☆――




 日増しに熱くなっていく思いがあります。
 花ぐるい、生ぐるい、愛ぐるい。
 生きることの切なさを、切ないまんまに、貫こうとでもいうかのようね。

 思いの中で、
 心が燃焼するのは、
 罪のないひとり遊び。

 心の中で、
 思いが燃焼するのかもしれません。


 空即是色すれば、
 良寛さんのように、
 燃焼しながら、
 散っていくこともできるのでしょうね。

 凡仁には、ミラクルにちがいないのですけれど・・・




 妄詩の領域では、
 それが許されるとしても、

 もしも・・・
 それでも、許されないものは、ないにちがいありません・・・



 沈黙の中で、何が起こっているのか、

 時が来なければ、
 誰にもわからないことなのです。



e0017651_15172498.jpg



 菜園の一番下の花についた実が、もう、こんなに大きくなりました。
 けれど、生ったのは、このキュウリひとつなんです。

 上の方は、花は咲いても、実になりません。

 雄花雌花があって、雄花しか咲いていないのかしら・・・
 それとも、虫が来なくて、受粉しきらないでいるのかしら、・・・
 無知仁は、そのわけもしらず、ひとり思い悩んでいるのでした。


 草呼鉢菜園のキュウリも、
 一番下の花だけ、実になりました。
 後の分は、まだ、実になる気配がありません。


 初生りのキュウリふたつ、
 今日、千切りました。


 緒呼が、3日に帰って来るというので、
 初物食べさせようと、ばあちゃんが、思っているのでした。



e0017651_15161083.jpg





〇-----*****************************************-----〇

★★★ 『 幸せも不幸せも知らぬ愛呼は妖精 』 ★ 一行詩 01201
♪♪♪  

★★★ 『 幻視する愛の彼方に散る桜 』 ★ 良寛の恋00101
♪♪♪  

★★★ 『 傷つきやすい心のまんまで 』 ☆ のぅの自分創りの旅 00705
♪♪♪  

〇-----*****************************************-----〇
[PR]

by ryoko23j | 2008-05-31 15:19 | 家庭菜園  

草取りや己が定めを呪わば呪え





e0017651_18315230.jpg


 ★ 写真俳句 0801702

――☆★☆―――――――――――――――☆★☆――

草取りや己が定めを呪わば呪え

――☆★☆―――――――――――――――☆★☆――





★★★ 『 引き抜いて許せはないね蛍草 』 ★ 写真俳句 0801701 へどうぞ!!! ♪♪♪



 「雑草」さんは、庭ではむしり取られますけれど
 花さんは、少々変なところに生えても、むしり取られることはないんですね。

 好みではありますけれど・・・


 これは、むしり取られる雑草さん。



 これは、毟り取られない立浪草さん。


e0017651_18295040.jpg



 肥料も水気もやらないブロックとタイルの隙間に、毎年、芽を出し、花を咲かせてくれるんです。




 これは、ニリンソウさんです。




 今年は、とうとう、花を咲かせてくれませんでした。
 レッドマークが付いて、もう、ほとんど苗がなくなりかかっています。
 以前は、人に分けてやるくらい繁茂していたんですけれど・・・
 お世話が行き届かなくて、絶滅寸前。

 残ったわずかな苗を、根分けして、植え直してみました。
 来年、ちゃんとつがってくれますように。


e0017651_1829094.jpg



 強い草、弱い草、
 大きな花、小さな花、
 好かれる花、嫌われる花、

 花それぞれ、
 人それぞれ、



 己を知って、
 
 己にあった愛を、

 己にあった幸せを、

 自分で、創りだしていきましょうね。


e0017651_18274965.jpg




 草呼花園のガザニアさんです。
 今年は、20本ぐらいもらって、ガザニア園になるくらいいっぱい咲かせてくれますように。




★★★ 『 立浪草所も人も選ばざる  』 ★ 写真俳句 0801703 ♪♪♪ 



〇-----*****************************************-----〇

★★★ 『 風光る空に星座を幻て遊ぶ 』 ★ 愛呼飛翔 100703
♪♪♪  

★★★ 『 草呼花園作り 0801 』
♪♪♪  

★★★ 『 花愛でて虫愛でてさて死も愛でむ 』
♪♪♪

〇-----*****************************************-----〇
[PR]

by ryoko23j | 2008-05-08 18:35 | 日記  

薔薇の湯を背中の傷の喜びぬ







e0017651_23151340.jpg



 ★ 写真日記00102

――☆★☆―――――――――――――――☆★☆――

薔薇の湯を背中の傷の喜びぬ

――☆★☆―――――――――――――――☆★☆――




 3月26日に、背中にできたおできを、皮膚科に診せに行きました。

 女医さんが、ちょっと問診して、
 なにやら呟くように説明して、
 膿を出しましょうと、
 俯せに寝せて、何かで刺して、
 膿を押し出しました。
 相当痛かったのですけれど、我慢していますと、
 「痛みに強いんですね」という。
 そして、今日はこのくらいにしておきましょう。膿を散らすしかありませんから」。
 抗生物質と鎮痛剤で様子を見ることになりました。

 翌日は、男の先生で、
 同じように、刺して、膿を出すんです。
 要領を得なくて説明を求めると、
 これはアテロームではなくて、よもといい、小さな袋に膿が入って、それが固まっているから、それを出して、散らすしかない。切開できない。というんです。

 翌日も同じ治療。背中の痛みが強くなるばかりです。
 胃まで痛くなってきました。胃の痛みを止める薬を求めると、
 「ポリプ検査をしているから、胃の薬はその内科でもらってください。今日は、抗生物質を変えてみましょう」といって、薬を変えるんですね。

 29日土曜日。
 胃の痛みは、激しくなるばかり。背中もいよいよ痛くなるんです。
 背中の腫れも大きくなっているという。黴菌がなんなのかわからないから、検査しましょう。血液検査して、黴菌の種類がわかったら、それにあった薬に変えましょう。検査の結果は、一週間かかります。

 こんな治療があるものか・・・
 日曜日、胃の痛みは、胃潰瘍の時よりもひどい。抗生物質呑むの止めようと思ったくらいです。

 31日、たまりかねて、真呼が同伴する。
 「薬が効いていないみたいですね」という。説明は、同じ。血液検査の結果待ちで、治療という。
 胃薬は、やっぱりやらないという。

 もう、任せるわけにはいきません。
 古賀病院に行って、胃の相談をして、
 いい皮膚科の先生を紹介してもらって、そこで、治療のやり直しをすることにしていました。


★★★ 『 花ぐるい果てはいかなる地獄かな 』 ★ 瘋癲老仁妄詩 30609 ♪♪♪  



 4月1日。
 担当医は、午後の外来診察担っていたので、空き待ちの先生だったけれど、
 火曜日の外来の先生の名前を見ていると、お父さん先生が入っている。看護師さんに頼んで、お父さん先生に診察をお願いして、運良く、空いていて、相談できたのでした。

 背中の腫れを見るなり、
 「切開するしかないよ。すぐ、切開してもらいましょう」
 というわけで、外科の先生を呼んで、
 即、切開手術となりました。


 嘘のように、経過は順調です。
 胃の痛みもなくなりました。

 12日、土曜日、抜糸。
 14日、月曜日、治療完了。


 4月21日、湯坪温泉で、
 薔薇の湯に入り、
 背中の薔薇地獄完治の内祝いをしたのでした。



★★★ 『 薔薇の湯や愛呼水馬みたく跳ね 』 ★ 写真日記00101 ♪♪♪  
[PR]

by ryoko23j | 2008-04-22 23:17 | 日記