チャイブを植えました!


昨日、5月2日、時ちゃんからチャイブと青紫蘇をもらってきました。

 チャイブのプランター栽培

 チャイブは沢山もらったので狭い庭ですがちょっとした隙間にも地植えしましたよ。


 ミニトマトの花も、もう、咲いています。

e0017651_19225366.jpg
 


 同じ日に植えたのに、みれSAN所のみにトマトは、もう、実がなり始めたそうです。
 何の違いなんでしょうね?



 
4月25日に大ネギの挿し芽をしました。


なんと!!!枯れずに、勢いよく育ちはじめているようです。
 根を張り始めたんでしょうね・・・。
[PR]

# by ryoko23j | 2006-05-03 19:24 | 家庭菜園  

ミニトマトの花が咲いたよ

e0017651_23374430.jpg



狭い庭ですけれど、最大限利用して、菜園を始めたいと思います。

 
まずは、ミニトマトとピーマンを植えました。



 そして、ミニトマトが、今、上のような花を咲かせました。




『根の力』   by 素那緒  

『宇宙』   by 飛花里



  



 
[PR]

# by ryoko23j | 2006-04-29 23:46 | 家庭菜園  

ゲンゲ田や隈無く光浴びて寝る


e0017651_21403842.jpg


 筑後平野にもレンゲソウ畑が少なくなりました。
 土壌改造が殆ど終了したようです。
 ふるい土が捨てられて、レンゲソウもなくなりました。

 けれど里山の休耕田らしき所にはレンゲ畑が再生されてきているようです。
 
 畦にもレンゲの列を見かけるようになってきました。
 自然が回復してきているのでしょうか・・・。

 少年時には水田に泥鰌籠篭を張って泥鰌を捕っていたものでした。
 その泥鰌で鰻を釣っていたのです。

 泥鰌ももう滅多に見かけません・・・。


e0017651_21394394.jpg




 
★☆★  『2006.04.18 Tuesday. プランター菜園の始まり 』




e0017651_2145458.jpg



レンゲソウの絨毯に寝そべる贅沢を久しく味わっていませんね・・・。


e0017651_2147208.jpg

[PR]

# by ryoko23j | 2006-04-20 21:41 |  

サンシュユの花


e0017651_209621.jpg


 昨日山川町の加茂川水源へ水を汲みに行きました。

 帰り道、探梅の道草を食ってきました。



遊梅の心に人の近づきぬ



 個人の家の庭の梅が咲き始めています。こんにちは。挨拶して、写真撮らせてください。・・・気候と梅の話ができるんですね。

 花は人の心を開いてくれるし、柔らかくしてくれます。

 丸で見ず知らずの初対面ですけれど、はじめっから親しみを感じてしまうのです。

 花は人をつなぐ妖精なのでしょうね・・・。



 水源から少し下った所のお家の庭に黄色に輝く樹木が目に飛び込んできました。

 振り返ると大きなサンシュユの木みたいでした。引き返して、畑仕事をしている家の人に挨拶しました。どうぞ、どうぞ。畑仕事をやめてつき合ってくれました。

 今が一番美しいときですよ、と自慢です。本当に一番美しいときでした。今年は例年より遅い咲き方をしているそうです。
e0017651_2062825.jpg



遊梅の心に人の近づきぬ

[PR]

# by ryoko23j | 2006-02-26 20:05 |  

植物園の睡蓮

e0017651_1665085.jpg



 正月を鹿児島で迎えました。
 あいにくの曇天で初日はほんの少し拝むことができるほどでした。それども、待って、待って、感動してきました。

 31日夕方、雨の中を亜熱帯植物園を見に行きました。
 亜熱帯のけばけばしい花たちを見せて貰いました。サボテン室で、写真に夢中になっていた魔呼が、岩の椅子で向こう臑をしこたま打って傷ついてしまいまして・・・

 睡蓮が、ちょっと大げさな感じもしますけれど、美しく咲いていました。
[PR]

# by ryoko23j | 2006-01-11 16:12 |  

雪雲の割れて光の笑顔かな

e0017651_14265673.jpg




 雪雲の割れて光の笑顔かな       仁



 あいする人の解放されたイメージを詠いました。
 光の笑顔は最高の笑顔です。
[PR]

# by ryoko23j | 2005-12-15 14:29 | エッセー  

方言がおもしろい♪


 加来SANの 『方言デ語ラフ』 と遭遇し、また好奇心の種を蒔いてしまいました。あっという間に芽を出して、ぐんぐん伸びようとしています。
 加来SANの『方言デ語ラウ』は<全国各地から『JOCOSO』に参加してる人達の方言をキキタイ✮って事で製作(´‿`)只今のメンバーの方言は・・・広島・静岡・愛知・京都・兵庫・福岡・宮崎・鹿児島・秋田・北海道・福島・岩手・香川・愛媛・徳島・長崎・大阪・和歌山・山形・青森✮ 20県突入♥ >の情勢です。ここに老仁も参加させてもらいました。 もっと広がればもっとおもしろくなるだろうと思うと、広がる応援をしていきたくなります。で、老仁のBLOGに『今、方言がおもしろい』のカテゴリを新設することにしました。メッセージを発信して、方言大好きネットワークを創っていけたらいいですね。
 加来SANの筑後支店を申し入れてみます。 

 あなたも 『方言デ語ラフ』 に参加しませんか。郷土の方言を交流し合いましょう。

**************************************************

 『方言デ語ラフ http://group.jocoso.jp/hougen』 に参加させてもらいました。方言の楽しみを満喫して、その上それぞれの地方の風土と人情まで体感できそうなBLOGです。
 < ちっご弁の老仁です 05/08/11 11:03
 はじめまして、未来さん。ちっご弁の老仁です。
 テーマががばおもしろかけんかたせてくれんの。かたせてもろたら忘れっしもたちっご弁ばもういっちょ思いださるっごたる。全国共通筑後弁であっちこっち旅でくんなら楽しかろの。よそん方言ば聞くともおもしろかけん、このBLOGがば楽しかばい。
 筑後平野の南の端の柳川に住んでいます。よろしくお願いします。
 柳川はよかとこばんも。いっぺん来てみらんの。白秋さんもおらすけんの。よかとこばんも。
 グループに参加させていただいてHAPPYです。>
 方言は人情の花と感じます。方言という花を手に平和のメッセージも交換できるようになりたいですね。



RE> ちっご弁の老仁です 田島SAN 05/08/11 17:55
 母の実家が柳川です^^「お富さん」のせいろ蒸しが定番でした・・・


 RE> ちっご弁の老仁です 05/08/12 10:09
 おはようです、田島SAN。お母様の実家が柳川ですか。ちっご弁少しわかりますか?柳川弁はまた少し趣が違うんですよ。のもかんも・・・。
 蒸籠蒸し・・・それしかないんですよね、柳川は。そのうち老仁がデビューする・・・なんてありえませんけれど。

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 『方言デ語ラフ』は仲間が多いから、柳川にご縁のある人と早速巡り会うことができるんですね。こんな巡り合わせがHAPPYなつながりを創り出せていけるならほんとうにHAPPYですよ。そんなつながりになれるよう老仁の心を豊かにしていかなければなりません。BLOG交流は人間形成道場にもなるんです。BLOG上で出会う人は老仁にはみんな師との出会いになりそうです。我以外師ならざるものなし。

 北海道の川島SANにもお会いしました。
 「じょっぴん」は鍵のことだそうです。

 **************************************************

北海道弁の由来(もちろん北海道) 川島SAN 05/08/11 13:00
 北海道の歴史は、開拓使(移住者)の歴史でもあるのでいろいろな地方の方言がそのまま北海道弁になっていることがあるわけさ。たとえば、"わや"これは多分関西地方の人も同じ意味で使っていると思うけど違う?
 探せば他にもあるんだろうけど、いまは思いつかないや。
 皆さん出かけるときは玄関に じょっぴんかってね。(かぎのことよ)



 RE> 北海道弁の由来(もちろん北海道) 老仁 05/08/12 10:31
 ちっご弁の老仁です。
 「じょっぴん」が鍵のこと。で、辿ってみたんですが、「錠」「品」・・・なんて・・・他に「ピン」のつく方言教えてください。べっぴんさんは別嬪さん・・・全く無縁だけど、言葉への興味が出てきましたよ。いろいろ楽しめるんですね。

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 で、 川島さんの 『かわしま’ず』にサーフィンして、コメントしてきました。

 全国一? (0) 05/06/24 12:42

 昨日、わが街は34.1℃で全国一の暑さでした。毎年,年に何回か記録するので珍しいことではないけれど、やっぱりなんまら暑いべや。車のクーラーなおそうかと思ったけど、見積もりで7万円とかいわれから、チョットめまいがしたのでやめちゃった。
 今日も予想最高気温が30℃とか言ってたけど、どこまであがるのか・・・



 ちっご弁の老仁 > へええっ、北海道でも34℃ですか・・・。九州の暑さももう限度ですよ。湿気がすごいですから。北海道は湿気あるんですか・・・?ちっご弁の老仁でした。 05/08/12 10:38

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 北海道の気候をよく知らない老仁にとって34℃はびっくりです。知らないことばっかりですね。34℃の中で「7万円」の重みを教えてもらいました。1億円貰って、貰ったかどうか知らない元総理もいましたよね。郵政民営化の問題だってとどのつまりは300兆円に群がる利権や集団の闘争なんでしょう。そんな政治家達におさらばして、「7万円」の重みを知っている人が政治家になっていくような選挙民になっていきましょうね。
 9月11日は民主主義を自分のものにする日です。主権DO IT !です。

 方言のおもしろいやり取りがあって楽しいです。かけあいがおもしろいんで乗っていけそうです。

 **************************************************

方言? 稲垣SAN  05/08/09 23:02

 でん、どんげでんいいけど、あちいぃ!ねぇ。。。。
 こいから、残暑が待っちょるかい、こん暑さは油断できんよね。
 みんな同じこつ感じちょっとじゃろかい。
 景気もヒートすればいっちゃけんど、そればっかはそういかんが(笑)
 またじゃんそう(、、


RE> 方言? 中里SAN  05/08/10 07:18

 夏は暑かってきまっととばってんさ、ちかごろん暑さは、むかしとちーと違うごたんね。いまん方があつさんきつか!我がどんなきいつけてしごとんせんばたおるるばい。こんあつさで。涼しかごとすっとにゃ庭に水ば巻けばよかと。そぎゃんすればすずしなっと。


 RE> 方言? 田島SAN  05/08/10 12:34

 とっても聞き慣れたことば・・・
 っつうかいつも使ってる言葉。。。
 じゃがじゃが・・・・
 宮崎人発見。


 RE> 方言? 老仁  05/08/12 10:55

 柳川も暑かばんも。盆ば過ぎたらちったぁ涼しゅなっじゃかち思よったんも。あんま暑かけん小泉さんもどんこんしょんなかこつばっかしょぉらすごたるのも。おっどんがちったぁ声ださんと世の中おかしかごつなっていくばかっりばんも。どげんこげんゆーったっちゃおっどんが利口にならんと何でんかんでんおっとられてしまうもんの。
 ちっご弁の老仁です。

 **************************************************

 仁の 『手に花を!心に平和の砦を』 に会員にしてもらったグループの紹介があります。
 あなたも参加して、語り合いませんか・・・。
[PR]

# by ryoko23j | 2005-08-12 20:30  

心赴くままに・・・

 <途中、伊予喜と土佐佐賀の間に人間と荷車だけのために作られた明治時代の素敵なトンネルがあった。宮沢賢治のお話にでもでてきそうなやさしいレンガ作りのトンネルである。・・・
「トンネルというものは、入り口はえらく大きくてりっぱだが、向こうに見える出口はひどく小さいもんだな」・・・(後略)   「風の吹くまま⑧」細谷・・>

 偶然開いた『俳句』8月号。細谷さんの『風の吹くまま』という言葉に惹かれて読み始めた。書かれていることもすごい。「分割完全歩き遍路」・・・一昨年の3月よりはじめたそうだ。そうなんだ・・・こんな歩き方もあるんだ。一昨年、愚仁も四国遍路を思ったことがある。けれど結局車で下見することになった。一番札所霊山寺に行って、いくつか車で回ってみて、車でさえ大変だと実感した。あと観光したのだった。今年は6月、足摺岬から、桂浜、大歩危小歩危、石鎚山、瓶ケ森スカイラインとドライブしてきた。

 <・・・いよいよここから足摺岬、三十三番金剛福寺を目指す。札所の間が約九十キロもあり、四国遍路のうちでも、最長距離である。今回のハイライトがこの九十キロなのだ。この日は歩行距離約三十キロと決めた。途中・・・(と上記引用へつづく)>
 風の吹くまま・・・愚仁のドライブとはわけが違う。愚仁もそんな全国行脚を夢見ていた時期があった。せめて芭蕉さんが歩いた奥の細道の旅は歩きたかった。夢は枯れ野を駆けめぐる・・・今となっては夢のまた夢。魔呼は山登りが好きで、ずっと前にも、石鎚山に登った。それを懐かしんで、石鎚山周辺をドライブしたのだった。18日からは上高地をドライブしてくる。「車窓より、でも、行けるときにどこでも行っておきたい」というのが魔呼の願いなのだ。来年は北海道をドライブしたい。昔『黄昏』というテレビドラマがあった。車椅子の旅。ドライブに心つくしながら、HAPPYに死んでいくんだ。そんな死に方もあるんだと知らされた。今までは下見だよ、リハーサルだよ、そういって旅してきたけれど、これからは毎日が本番の旅だ。どこにいても旅なのだ。日常が旅で、日常が新鮮で、日常が奇跡であるような、そんな人生を創り上げていけるようになりたいものだ。 風の吹くまま・・・心赴くまま・・・

 『足摺岬』 の写真です。e0017651_103448.jpg
[PR]

# by ryoko23j | 2005-08-08 09:55 | エッセー  

裏見の滝が素晴らしい

6月18日小国町の鍋の滝に寄りました。
 6月19日は桜桃忌です。この日は仁と魔呼の結婚記念日にしています。で、この日前後、毎年一泊旅行をしています。今年は湯壺温泉の満作屋さんに泊まりました。
 去年 バラの温泉 がすっかり気に入ったのでした。

 1983年の6月19日は天草への旅行でした。この日ドリームジャンボの発表日です。定時制の家を運営していて、資金集めに共同買いをはじめたのですが、その第1回目がなんと1等に当たってしまうという奇跡を体験したのでした。前後賞入れて、3500万円の当選です。もうもうただただ大騒動でした。そんなことまで思いだしてしまいましたよ・・・。暇になったんでしょうね・・・。
 
e0017651_1541097.jpg


 『裏見が滝の涼しさよ』 へも訪問してみてくださいね。


 
[PR]

# by ryoko23j | 2005-08-07 15:04 | 旅行  

阿蘇のユウスゲ

e0017651_16312729.jpg
e0017651_16354913.jpg


 阿蘇の外輪山はユウスゲが咲き始めたばかりでした。
 草原の至る所に清楚な黄色の灯りを見つけることができます。心がそのたびにぽっぽっとあたたかくなります。


 『阿蘇外輪山のドライブ』 へどうぞ!
[PR]

# by ryoko23j | 2005-07-23 16:39 |