<   2015年 11月 ( 1 )   > この月の画像一覧

 

『 稲孫田や吾という芽をなおあそぶ 』言葉あそび575交心sp3105


★ 。・。・゜♪゜・。・。★ 言葉あそび575交心 ★ 。・。・゜♪゜・。・。★




e0017651_0304975.jpg






★ 言葉あそび575交心sp3105

――★♪♪★―――――――――――――★♪♪★――

稲孫田や吾という芽をなおあそぶ

――★♪♪★―――――――――――――★♪♪★――





 春呼さん、

 交心ありがとうございます。
 病は軽くってもなれるものではありません。まして重い病では気も塞がってしまうものです。そしてその繰り返しを止めることもできません。
 せめてもの発散は、旦那さんに八つ当たりさせてもらうしかないでしょう・・・
 旦那さんもそんな春呼さんをハグするしかないから、存分に甘えて愚痴零し、当たり散らしてください。その方が旦那さんも凌ぎやすくなると思います。

 生かしてもらった喜びに感謝して、その初心に戻れる春呼さんは、その初心に、如意輪さんがいらっしゃったのですね。
 念ずれば、救われる。
 念ずるということは、如意輪さんに吾を投げ出すということでしょか・・・
 その無我になる力が、椿さんの人間力の根源なのですね。



 稲孫田や吾という芽をなおあそぶ   仁


 倦まず巧まずいのち湧くまま





 ぼくも幼少から虚弱児童で、まわりからもいつ死んでもおかしくない子どもとして育てられてきました。そんな中でぼく自身も二十歳は越せないだろうと思っていました。そんな少年期でしたから、自然と自分の未来など考えられなく、自分というものさえ捨てていたのでした。その日その日を生きているのが不思議で、生きていることだけでも、ほっとしていたのを覚えています。生きているのが嬉しかったから、貧しい暮らしでしたけれど、わがままに、好きなことをしていました。人並みなことはできませんので、友だちもなく、学校ではびくびくして、おどおどしていました・・・。

 なのに、なぜか、死なないんです。成人の準備をしていないから、社会人にもなれないと思っていました。親もそう思っていたのでしょうね・・・働きに出すことはしないで、行きたければ学校に行っていいよと、浪人しても、浪人しても、受験をさせてくれました。
 なのにぼくには精進ということがありませんでした。
 本も読まなければよかったのに、太宰さんを読んでしまって、生まれてきてすみません、の意識を刷り込んでしまう羽目になりました。
 生き存えた今でも、生まれてきてすみません、の意識が、底の方に蔓延っていますし、だから、何者かになろうとする意識も形成されないままです。
 何があってもそれなりに受け容れて、それなりに楽しませてもらうほかなかったのです。



 観音さんにでも、あるいは頓知一休さんか、愛語の良寛さんにでもめぐり逢っていれば、もっと開かれた人生を楽しめたでしょうけれど・・・

 でも、もう、与命も残り少ないでしょうから、小さい世界ながら、わがまま大将で、好き勝手に生きていますので、鄙隠りくらいでちょうどいいのだと自足しています。



 露寒や目標もなく欲もなく   仁


 畦歩きして畑に這うて



 鄙隠る愚の愛おしや秋の暮れ   仁



 ちょうど好きほど天地の恵み





★★★ 『 吾亦紅真似一休の恋弥勒 』林住期道楽交心sp2902への交心です。 ★★★
 





★ 。・。・゜♪゜・。・。★ 青柳仁リンク ★ 。・。・゜♪゜・。・。★




★★★ 言葉あそび575交心sp2904『 エンドレスラブを与命に吾亦紅 』 へどうぞ!!! ★★★
 



★★★ 不戦の誓いsq2302『 いわし雲声ある限り声出さん 』 へどうぞ!!! ★★★
 




★ 。・。・゜♪゜・。・。★ そのまんま575で交心 ★ 。・。・゜♪゜・。・。★
[PR]

by ryoko23j | 2015-11-01 00:33 | あそび心