河原より拾い来たりし石ひとつ原石のまま机に飾る


e0017651_17571976.jpg



★ 瘋癲老仁妄詩 6309

――☆★☆―――――――――――――――☆★☆――

河原より拾い来たりし石ひとつ原石のまま机に飾る

――☆★☆―――――――――――――――☆★☆――



 愛呼と遊んだ河原で、
 小石をひとつ、
 拾ってきました。

 ただのごろごろ転がっている小石で、
 何の変哲もない小石ですけれど、
 どこにも同じ小石は、
 ないんですよね。
 この小石も、
 この広い宇宙で、
 たったひとつの個性的な存在なんですね。

 このまんまでいいんだと、
 小石さんに諭されて、
 小石さんとお友達になったんですよ。

 これから、すこしずつ、
 小石さんの思い出話も聞いていこうと思っています。



★★★ 『 朝顔の蘂を枕に寝まりける 』 ★ 瘋癲老仁妄詩 6302 へどうぞ!!! ♪♪♪
  






〇-----*****************************************-----〇

☆☆☆ くぅの『終戦記念日』 
♭♭♭   

★★★  『 15歳期待と不安のど真ん中築け心に平和の砦を 』♪♪♪   

☆☆☆ 『 夢見色 』     by 光呼
♪♪♪  

〇-----*****************************************-----〇
[PR]

by ryoko23j | 2007-09-27 18:02 | 日記  

<< 大凡は加齢を厭う魂は華麗なる故... エコライフ、スローライフを紹介... >>